名古屋で身に付く子供、幼児向け英会話教室・英語教室はオーシャン

お電話でのお問い合わせ TEL.052-506-9077

名古屋市西区南川町72番地サウスリバービル3F

オーシャンよくあるご質問

オーシャンに関するお客様からよくある疑問・質問への回答をカテゴリー別にご用意しております。

カテゴリー別

英語ってどうすればみにつくの?

小さいうちに始めれば英語が自然と身に付くのですか?
英語って、一体どんなふうに身につくのでしょうか。 「幼いうちから触れていれば、自然に身につくんじゃないの?」と、お考えの方もおられるでしょう。児童英語業界でも、このような宣伝をまだまだ見かけます。

けれども、実際には、外国語である英語が「自然に身につく」ことはありません。もちろん簡単な英単語や決まり文句であれば、子どもたちはそう苦労せずに覚えますから、その様子をご覧になって「自然に身についた!」とお感じになることはあるでしょう。しかしながら、そのままの勢いで、たとえば中学レベルの英語が「自然に」身につくことはありません。ましてや、無意識のうちに英語で話し始める、というようなことは起こらないのです。

「英語が自然に身につく」という期待を、まずは捨てること。
 このことが、お子さまの英語学習をお考えいただく際には、最も大切です。結局のところ、「自然に身につく」が魅力的に思えるのは、「楽に身につくんじゃないか」と期待する気持ちがあるからでしょう。しかしながら、努力なしに英語が身につくことはありません。甘い期待を抱くことは、本来必要となる努力から目をそらすことにつながります。
 「自然に」に期待するのではなく、お子さまが英語への興味を持ち続け、必要な努力をコツコツと重ねていけるよう、見守っていただくことが大切です。
どうして自然には身につかないのですか?
とは言っても、「どうして自然には身につかないの?」と疑問に思われるかもしれません。理由を一言でいえば、「一般的な日本人にとって、英語は外国語であり母語ではないから」、となるのですが、もう少し丁寧にご説明しましょう。

日本人の子どもは日本語を、英語圏の子どもは英語を、それぞれ2歳くらいから話し始め、6歳になるころにはずいぶんと使えるようになります。こんな短期間に、しかも知らず知らずのうちに言葉を身につけるということを、私たちは自らの子ども時代に経験し、また子育てを通しても経験しています。おそらく、この経験があまりに自然で心地よいために、外国語である英語についても、同じように身につくことを期待してしまうのでしょう。

しかしながら、生活の中で自然に身につけることができるのは、母語や第二言語の場合に限られます。母語とは、例えば日本人にとっての日本語や、アメリカ人にとっての英語を言います。第二言語とは、例えばアメリカに移り住んだ日本人にとっての英語を言います。

母語環境と外国語環境は、まったく異なります。その言語に触れる時間も、その言語が生活に必要不可欠かどうかという点でも、比べものになりません。母語であればこそ、生活に密着した膨大な言語体験を通して、あたかも自然に身につけることができるのです。このような言語環境の違いを無視して、外国語学習を、母語や第二言語の獲得と同じように考えるのは間違いです。

このことをご理解いただければ、次のような言い方にはおかしな点が含まれていると気づかれるのではないでしょうか。
 ― 「日本語を身につけるのに、特に勉強なんかしなかったですよね。英語も一緒です。アメリカ人が英語を身につけるのに、文法なんか習いませんよ。英語は「自然に」身につけるのが正しい方法です。」 ―

母語環境と外国語環境を混同した、典型的な誤りですね。
それでは、母語環境に近いものを用意すればいいのでは?
それでもまだ、こんな風にお考えになるかもしれません。 「できるだけ母語環境に近いものを用意すれば、英語を自然に身につけることもできるんじゃないの?」と。

確かに理屈としては、日常生活での英語体験を母語並みにすれば、英語であっても自然に身につけることができそうです。しかしながら、これはあまり現実的な考えではありません。母語環境と外国語環境の差は、レッスンの時間を長くするとか、週あたりの回数を増やすとか、家庭でできるだけ英語に触れる時間を作るとか、そんなことでは埋まりません。 帰国子女や、国際結婚カップルの子どもでさえ、日本で暮らしつつ英語を自然に習得することはそう簡単ではないようです。それくらい、母語環境に匹敵する環境を用意することは難しいのです。

単に時間だけを比べればよいというわけでもないでしょうが、多くの学者が言語に触れる時間について計算しています。たとえば、「母語環境ではその言語の基礎が身につく5歳くらいまでに2万時間を超える言語刺激にさらされる。一方、外国語として英語に毎日3時間接したとしても、同じだけの時間をカバーするには18年くらいかかってしまう。」と。

インターネットで検索すると、「英語子育て」などと呼ばれるものに多くの人が興味を持っていることが分かります。実際に試みる人も多いようです。もちろん中には成功例もあるでしょう。しかし、そのための時間的・労力的・金銭的な負担が相当であることは、もっと認識されるべきでしょう。さらに、失敗例というか、失敗というレベルにも至らずに断念するケースも、かなりあるはずだと思われます。 
やっぱり、結局はベンキョーなの?
では、どうすれば英語が身につくのでしょうか。

答えは単純です。「外国語としてきちんと学んで身につける。」 これしかありません。学び続けることによって、初めて英語は身につくのです。このことは現実を見れば明らかです。ある程度の英語力を持っている日本人のうち、帰国子女などを別にすれば、大部分の人はこうして英語を身につけています。一般的になってきた海外への語学留学にしても、国内できちんと基礎を学んでおくことが、成功のカギだと言えるでしょう。

そうすると、「結局は勉強なの?」という声が、ため息とともに聞こえてきそうです。英語の勉強というと、辛くて、つまらないというイメージをお持ちの方もおられるでしょう。しかし、実際に英語を身につけた人のことを考えてみましょう。彼らは基本的に英語が好きで、また英語を学ぶ楽しさを知っているはずです。だからこそ、コツコツと必要な努力を続けることができたのでしょう。

お子さまの英語学習のモデルとすべきなのは、こういった人たちです。 「英語を使えるようになりたい」という気持ちを失わずに、きちんと学んで英語を身につける。当たり前の方法に思えますが、これが最も現実的で、一般的な英語習得の道筋なのです。
ズバリ! どんなふうに勉強すればいいの?
英語習得は長い道のりです。「英語が多少は使える」というやや控えめなレベルを想定しても、そこに到達するまでには、かなりの努力が必要です。ただし、特別な才能はいりません。この点は少し気が楽です。コツコツと学び続ければ、そして方法を誤らなければ、努力に見合った成果は得られます。

ところが、なかなか上達を実感できないために、英語習得をあきらめたり、あるいは英語への興味そのものを失ってしまう人が多くいます。また、気持ちは理解できますが、「楽に英語が身につく画期的な学習法!」というような宣伝文句に思わず飛びついてしまう人もたくさんいます。

お子さまが将来も、あきらめず、投げ出さずに英語学習を続けていくためには、やはり成果の上がる方法で学習し、少しずつでも「上達している」という実感を得る必要があります。では、ズバリ、どんな勉強法が良いのでしょうか。

ここでは、幼児・小学生のうちから取り入れることができ、将来的にもずっと続けた方がよく、しかも絶大な効果がある学習法を紹介しておきます。

それは、「英語を声に出して練習すること」です。何と言っても、語学学習の基本中のキホンであり、これを疎かにしていては、英語が使えるようにはなりません。

声に出して繰り返し練習することで、英語を音声イメージとして捉えられるようになります。そうすれば、英文を記憶するのも楽になり、話す力だけでなく、聞く・読む・書くといったスキルも上達します。逆に、音声として頭の中でイメージできない単語や文を、ただ書き写すような勉強法には、何の意味もありません。

まずは、恥ずかしがらずに、英語を声に出せるようになること。これが第一歩です。その後、ごく簡単な英文から暗唱練習を始めましょう。その上で、中学レベルの英文法の知識が身につけば、「簡単な内容なら何とか英語で言える」という状態に近づくでしょう。とりあえず目指すべきは、このレベルだと思います。

無料体験レッスン実施中!!マンガで見る 無料体験ストーリーはこちら

クラス・料金の紹介 すべてのクラスが100% 外国人講師による指導者です!

お気軽にお問い合わせ下さい!!体験レッスンのお申込み・お問い合わせはオーシャン本部まで TEL:052-506-9077 月~金曜日 10:00~19:00 メールでのご予約はこちら