名古屋で身に付く子供、幼児向け英会話教室・英語教室はオーシャン

お電話でのお問い合わせ TEL.052-506-9077

名古屋市西区南川町72番地サウスリバービル3F

EVENT REPORTS イベント報告

OCEAN FESTIVAL 2007

FUN DAY 2007 の開催

今年の OCEAN FUN DAY は、開催以来始めて、開催予定日が悪天候だったため、翌日28日(日)の順延開催となりました。前日の天気が嘘のように、晴れ渡った秋晴れの下、たくさんの方々にご参加いただきました。ありがとうございました。
昨年までは本校にお通いの生徒さん及び保護者の皆さんを中心に行っていましたが、本年度からは、より多くの方にご参加いただけるよう、他教室にお通いの 皆さんへもご案内いたしました。お陰で210名の方々からお申し込みをいただきました。しかしながら、残念なことに開催日が順延となり、出席できない方も 出たため、最終的には135名での開催となりました。

サイモン魚だ!

478eb1584c796小さなお子さんも遊べるゲームとして「魚釣りゲーム」をしました。磁石を取り付けた割り箸竿で、魚や貝を釣り上げます。一見簡単に思えますが、これがなか なか難しく、子どもたちは何度も何度も挑戦していました。たくさんの魚や貝に混ざり、外国人マネージャー「サイモン」の顔をあしらった魚も用意しました。 その名も「サイモン魚」。結構グロテスクで、子どもたちは「気持ち悪い~」と言いながら、サイモン魚を釣ろうと大はしゃぎ。結果的にサイモン魚は一番人気 となっていました。魚釣りゲーム担当ニッキ先生のサポートもあり、みんな上手に釣り上げていました。来年はどんな魚を用意しようかな。

 

大人も熱中!

47b15c6a5a8b1今年初めてのゲーム、「紙飛行機飛ばし」。子どもも大人も夢中になって紙飛行機を作り、飛距離を競いました。よく飛ぶといわれている「へそ飛行機」「い か飛行機」の折り方を見本に、遠くまで飛ぶ飛行機作りにみんな真剣です。改良に改良を重ねた作品もあり、本当によく飛んでいました。このような工作は大人 の腕の見せ所。子どもに教えながら、親子で楽しみました。気が付くと、子ども以上に大人たちが夢中になり、童心に返っていました。

 

 

 

ちょっと休憩。そして・・・

休憩に入り、お楽しみの「おやつタイム」となりました。おやつは講師からもらうため、恥ずかしがり屋の子はドキドキ。おやつチケットを渡すと”Here you are.”講師からおやつがいっぱい入った袋をもらい、”Thank you.”子どもたちは嬉しそうに答えます。とても自然なやり取りが聞こえ、微笑ましい光景でした。

ぼくらを乗せてどこまでも…

472aeb9c42b0f毎年恒例となった「オーシャン・トレイン」。子どもたちが描いた絵をダンボール製の電車に飾り、準備が整ったところで、さぁ出発!3両編成の2台のオー シャン・トレインは、いつでも、どこでも乗り降りができる気まぐれな電車です。子どもたちを乗せた電車は広場中をかけまわり、元気な声と笑顔を振りまいて いました。

 

 

 

円陣組んでファイト一発!

47380adfdd170今年はドッジボールに変わり、「ドッヂビー」に挑戦しました。1チームに子ども15名、講師2名でチーム対抗戦を行いました。チームの一体感を出すため 「絶対勝つぞ!がんばるそ!」と試合前に円陣を組み気合いを入れるチームもありました。遊びを通じて講師と接する体験は、普段のレッスンとは異なり、子ど もたちにとってはとてもいい経験になったように思います。

 

 

 

お腹が減っては動けないよ!

47b15c85443da幼児を中心に対戦ロボット型の「玉入れ」をしました。子どもたちは赤、青2チームに分かれ、落ちている玉を拾い、チームカラーのロボットに入れていきま す。玉はロボットのエネルギー、給油をしてお腹をいっぱいにしないと負けてしまいます。「ヨーイ始め!」の合図で玉をめがけて一斉に駆け出します。「給油 しなくちゃ負けちゃうよ!ロボットを強くさせてね!」とスタッフみんなで声をかけ、500個の玉はあっという間にロボットのお腹へ。子どもたちは、どちら が多く入っているかな?とドキドキしながら判定を待ちます。赤の勝ち!青の勝ち!とそれぞれの判定に大喜び。勝ったロボットが負けたロボットをやっつけ、 「やられた~」と倒れ込むなど、楽しいパフォーマンス付き。みんな大笑いでした。

 

他にも楽しいゲームがてんこもり!

他にも、「ダーツ」「輪投げ」「ボール入れ」「すもう」「大縄飛び」「フェイスステッカー」なども行いました。全てのゲームに挑戦したり、お気に入りの ゲームを何度も繰り返したり、子どもたちはそれぞれの楽しみ方でゲームに参加。中には置いてあるダンボールからキャタピラを作って遊ぶ子も出現。ダンボー ルからおもちゃができるとわかると、みんなこぞって真似て遊び出します。最近は外で遊ぶ子どもが減ってきていると言われますが、やはり子どもは遊びが好き で、遊びのクリエーターです。

皆さんありがとうございました!

担当講師を見つけて講師のもとにかけ寄る子、それに応えるように子どもと遊ぶ講師、イベントが終わった後でもまだ遊びたいと遅くまで残っている子、講師 と一緒に写真を撮る子。今回のイベントでは、普段のレッスンで築いてきた講師と子どもたちとの人間関係を垣間見ることができたように思います。皆さんに楽 しい一日を過ごしていただきたいと始めたイベントですが、皆さんのおかげで、スタッフ、講師の側もいつも十分楽しませていただいています。
今回都合がつかずご参加いただけなかった方々も、来年のイベントには是非ご参加ください。お待ちしております。
イベントだけではなく、レッスンを通じ、子どもたちが講師と楽しい関係を築けるよう今後も努めてまいります。今後とも宜しくお願いいたします。
ご参加いただきました皆さん、本当にありがとうございました。